メニュー

とある名もなき菓子によろつよなる名がつきたる話 - 太宰府 梅園菓子処 - 太宰府天満宮御用達の和菓子

ブログ

とある名もなき菓子によろつよなる名がつきたる話

カテゴリ: 菓子のことのは 作成日:2020年11月13日(金)

 梅園菓子処の商品のひとつによろつよという菓子があります。弊社のスタッフでも「よろつよ」と発音していますが、正しくは「よろづよ」と発音します。もちろん、「よろつよ」と発音しても通じますのでご安心ください。さて、本日はこの菓子によろつよなる菓銘がつきたる話をご紹介いたします。

 

 名もなきころ

 このよろつよは、宝満山を薄くカットしたものを特殊乾燥させて製造していることから、宝満山御干菓子(ほうまんざんおひがし)と呼ばれていました。スタッフがそう呼ぶものですからお客様もそのように呼んでくださいます。すると、少々困ったことが発生します。

 

 名前が似ているので、一般的な干菓子と区別がつきにくいのです。間違う余地があるなら間違うというマーフィーの法則にならって、一般的な干菓子と宝満山干菓子の間違いも発生していました。これをこのまま放っておくことはできません。では、菓銘をつけようとなるのですが、この菓銘というのが難しい。結果、緊急かつ大変重要とまではいえない課題として時間だけが流れていったのです。

 

 お茶席での会話

 もうひとつの困ったこととしては、茶会の薄茶席などでお使いいただく際に発生します。この宝満山御干菓子を薄茶の前にお出しして、その後で亭主と正客がやりとりを交わします。やりとりの中で正客が亭主に菓銘を質問する場合があります。「大変おいしいお菓子でございますが、お菓子の名前は?」と正客が尋ねた時、亭主が「梅園の宝満山御干菓子でございます」と返すわけですが、これだと冗長ですし少々堅いですね。薄茶席ですからもう少しやんわりとしたイメージが好ましいと感じる方もいらっしゃったであろうと思います。

 

 菓銘決定

 ある年、表千家同門会様の全国大会が太宰府天満宮で開催されました。全国から多くの先生方やお弟子さん方が太宰府天満宮にお運びになり、にぎにぎしくいくつものお茶席が立ったわけですが、その中の一席でお出しする干菓子を弊社がお出しする機会がありました。では…ということで、弊社の先代があれこれと試行錯誤を重ねて作り上げたのが、令和の翠という菓子でした。ただ、これだけでは少し色味が物足りないので、これに宝満山御干菓子を三角にカットして添えてはどうかという話になったのです。

 

 しかし、前述の通り、薄茶席の菓銘としては少々冗長。といって、宝満山(ほうまんざん)という名前の菓子はすでに存在します。さあ、困ったどうしようと頭を抱えることになりました。そんな折、先代と天満宮の方々が集まって会議をしていた時、前宮司西高辻信良様が「よろつよというのはどうだろうか」とご提案くださったのです。

 

 折しも太宰府は令和改元で大変盛り上がっており、『万葉集』巻五「梅花歌三十二首并ならびに序」が全国的に大きな脚光を浴びていました。その三十二首のうちの一首に次の歌があります。

 

 万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし

 よろづよに としはきふとも うめのはな たゆることなく さきわたるべし

 筑前介佐氏子首

 

 この一首の冒頭のよろつよにから頂戴した言葉が菓銘となったのです。まさに万葉の香り漂う雅な名前を頂戴したわけですが、これ以降、この宝満山御干菓子をよろつよと呼ぶようになりました。お蔭様をもちまして、お稽古はもちろん、大小のお茶席でよくお使いいただいています。

 

 また、お茶席だけでなくご家庭でお茶請けのお菓子として召し上がってくださっている方も多いと聞いています。いつも定期的にご購入いただくお客様は、「父が好きなので定期的に買って冷凍庫で保存して食べています」と教えてくださいました。創業以来の菓子と比べるとまだ新しい菓子ではありますが、こうしてファンが増えて下さることはとてもありがたいことだと思っています。

 

 もともとは縦箱に10枚、あるいは20枚で販売していましたが、日本橋三越本店に催事出店した際、さるお茶の先生から「平箱が見栄えが良いので平箱が欲しい」というご提案を受けまして、新しく平箱10枚入もラインナップに加わりました。こちらも確かにちょっとした贈り物にも最適な大きさかと思います。もちろん、お稽古などでお使いの方はコンパクトな縦箱をお買い求めくださいます。内容に差はありませんので、用途に応じてお買い求めください。

 

 以上、とある名もなき菓子によろつよなる名がつきたる話でした。

 

 

 yorotsuyo

 よろつよは宝満山を特殊な製法で乾燥させたもので万葉集の一首より菓銘を頂戴しています

 

ho hi usuhira 10

こちらは平箱10枚入で1,430円(税込)となります

 

ho hi usu 10

こちらは縦箱10枚入りで1,430円(税込)となります

 

 太宰府天満宮参道本店、弊社ECサイトでもお買い求めいただけます。

 梅園菓子処ECサイト よろつよ購入ページはこちら

 

 

Copyright Baien Co.,Ltd. All Rights Reserved. [login]