太宰府 梅園菓子処 - 太宰府天満宮御用達の和菓子

       

コラム

添加物を極力使用しない梅園の安心安全なお菓子の理由に迫る

カテゴリ: 作成日:2021/11/02

こちらの記事は管理栄養士でもありウェブライターでもある端場愛さんに記事執筆をお願いしました。


和菓子の魅力にとりつかれ、全国の和菓子を調べていたところ、梅園菓子処さんにたどり着きました。梅園菓子処さんは原材料にほとんど添加物が使われておらず、お菓子のピュアなおいしさが堪能できる貴重なお店です。梅園菓子処さんの魅力を広く伝えたいと思い、筆を取らせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

和菓子というと油脂控えめで植物性食品が中心に使用されていることから、体にやさしいイメージがありますよね。しかし、実際は保存料や増粘剤、着色料、香料などさまざまな添加物が使われていることが多いのです。

 

せっかくおいしい和菓子を選んでも、添加物だらけだと少し気になってしまうのではないでしょうか。太宰府天満宮にほど近い「梅園菓子処」さんが作るお菓子は、添加物を極力使わないスタイル。今回はその体にやさしいお菓子作りの秘密を探ってみました。

 

宝満山から時計回りに東風梅、ミニ梅守、よろつよと無添加の菓子が並ぶ

添加物を使わない安心安全なお菓子を目指して

梅園菓子処(以下、梅園と略す)のお菓子は、添加物は極力使用していません。うその餅や和三盆うその鳥、小石豆、飛梅、令和の翠など、ごく一部の商品のみに着色料と香料を使用しています。多くの和菓子店は色とりどりの生菓子や干菓子が並ぶ中、着色料すらほぼ使用しないお店は珍しいですよね。では、なぜ梅園のお菓子は添加物を使用しないのでしょうか。佐藤専務に、添加物を使わない理由を伺いました。

 

梅園の創業は昭和23年と終戦直後だったこともあり、添加物を使わない環境であったのが大きな要因だそうです。また、会社が大きくなればなるほど、大量生産をしなければならないので、添加物を使わざるを得ない状況になってしまいます。

 

ところが、梅園の歴代経営者が会社を大きくして大量生産する方向に舵を切らなかったことで、現在も添加物を使用しないお菓子作りを続けているとのことです。

 

さらに、梅園のお菓子は全国各地の茶会において重宝されてきました。茶道において、茶菓子はあくまでお茶の引き立て役です。つまり、茶菓子に使われるということは、お茶の邪魔をしない洗練された味が求められます。

 

茶会と茶菓子は切っても切り離せない存在であることから、茶菓子として使われることも多い梅園の菓子には添加物を使用せず、純粋においしいお菓子を追求し続けてきたのだそうです。

 

私も梅園のお菓子をいただきましたが、シンプルな材料ゆえに素材のおいしさが際立っていると感じました。しつこい変な甘みや香りもなく、いつまでもじっくりと味わいたいお菓子ばかりがそろっているという印象です。人に贈るときはもちろん、近くに店舗があれば自分も普段から食べたいと思ったほどでした。

添加物不使用のメリットとデメリット

 メリット:安全性

先ほどもご紹介したように、お菓子に雑味が生まれず、純粋に素材のおいしさや職人さんの腕が感じられるのがメリットでしょう。もちろん、添加物を使用しないということは、体にもやさしいですね。添加物の怖いところは、すぐに体に異変が現れないというところ。

 

今は認可されている添加物も、将来的にリスクが確認され使用禁止になる可能性もあります。そもそも添加物を使用しないお菓子なら、大切な人安心して食べさせてあげられますね。

 デメリット:日持ち

添加物を使用するメリットは、日保ちがするところ。梅園のお菓子は保存料を使用しないので、やはり日持ちがしにくいのがデメリットなのだそうです。近くに住む方がすぐに食べるのであれば問題ありませんが、やはりお土産や贈り物として利用する場合、どれくらい日保ちがするかを重要視してしまいます。

 

しかし、裏を返せば梅園のお菓子ならいつでも新鮮だということ。ほぼ作り立ての味が楽しめるので、お菓子本来の味が楽しめるでしょう。

グルテンフリーのお菓子も多数

梅園のお菓子は添加物だけでなく、小麦粉もほとんど使用していません。鬼まつば、東風梅などごく一部の商品にのみ小麦粉を使用しています。小麦アレルギーの方でも、食べられるお菓子の幅が広がるのはうれしいですね。また、グルテンフリーの生活をしている人も安心して食べられます。

 

歴代の創業者はアレルギーやグルテンフリーのことは考えていなかったと思いますが、結果として安全や健康を意識する人たちに選ばれるお菓子になっています。

 

青大豆も美しいうぐいす餅

着色料を使用せず青大豆のうぐいす粉で作ったうぐいす餅

子どもから高齢者まで安心して食べられる梅園のお菓子

今でもごく一部の商品にしか添加物を使用していませんが、佐藤専務によるとこれからは着色料も自然由来のものに変更したり、素材もこだわって選定したいとのことです。太宰府まで遠すぎて中々足を運べない方は、梅園菓子処のECサイトを利用してみてはいかがでしょうか。きっと、素材の味が活きた、純粋なお菓子のおいしさに驚くはずです。

 

また、感染症が落ち着いて普段通りの生活が戻ってきた際には、ぜひ店舗へ足を運んで歴史あるお店の雰囲気も味わってみてくださいね。

 

南瓜餡で拵えた保存料・添加物の一切入っていない薯蕷饅頭

ECサイトで購入可能!

宝満山は太宰府の梅園菓子処だけでなく、ECサイトでも購入可能です。店舗まで遠くて足を運べないという人も、ECサイトなら気軽に取り寄せられますので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

梅園菓子処の菓子はこちらのリンクからお買い求めいただけます。

梅園菓子処ECサイト

 

端場愛管理栄養士が運営するウェブサイト

ZUBORAAA

 

                       

コラム一覧へ戻る

Copyright 2021 Baien Co.,Ltd. All Rights Reserved. [login]